研究開発・事業化支援事業

国の研究開発支援事業

2013年度実績

戦略的基盤技術高度化支援事業

  テーマ名 事業の概要 実施期間
研究開発実施機関
1 レーザー光と高速可動ステージの精密制御による高効率細胞融合・回収自動化装置の開発 先端医療・バイオの研究開発においては高効率、非侵襲的な細胞の融合、回収が切望されている。本研究開発では、マイクロアレイのスポット上に配列したiPS細胞等の受容細胞と微小核細胞との融合の効率を従来法の約10万倍に高めることを目標としている。このために、各スポット上の細胞膜を標的にして基板上1~2マイクロメートルの範囲に融合用パルスレーザーや回収用CWレーザーを照射して、非侵襲的で高効率の融合、回収を実現する高精度位置決め技術及び卓上型細胞融合、回収自動化システムの開発を目指している。
本年度は、前年度製作した細胞融合装置による研究成果を活用して細胞融合、診断、回収が連続かつ自動で行える全自動細胞回収装置を製作した。
H24~26年度
  • エステック(株)
  • 近畿大学
  • 鳥取大学

センターの事業

調査・研究事業
受託調査
自主調査研究
実現化事業
研究開発・事業化支援事業
交流会・事業化検討会
新産業創出研究会
質感色感研究会
国の研究開発支援事業
ビジネスマッチング交流会
情報発信・啓発事業
産業創出講演会
企業視察会
刊行物
表彰事業
公設試験研究機関功績者表彰